生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓にあるインスリンの源であるβ細胞が損傷を受けてしまうことが原因で、結果的に膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなり発症してしまうという種類の糖尿病なのです。
基礎代謝量(kcal)とは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持する(鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持等)のに必要となる理論上の最低限のエネルギー消費量のことを言います。
子供の耳管の構造は、大人のそれに比べると幅が広くて短めの形であり、かつ水平に近いため、様々な菌が侵入しやすくなっています。大人より子供の方が急性中耳炎にかかりやすいのは、この構造が関係しています。
環状紅斑というのは輪状、要は輪っかのようなまるい形をした紅い発疹や湿疹など、皮ふ疾患の総称ですが、因子は余りにも多種多彩だということができます。
AIDSはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって起こるウイルス感染症であって、免疫不全を起こして些細な真菌などが原因の日和見感染やガンなどを複数発症してしまう病状の事を指し示します。

昨今、比較的若い世代で感染症のひとつである結核に対抗する免疫(抵抗力)を持たない人達の割合が高くなったことや、自己判断のせいで受診が遅れることなどに縁る集団・院内感染が増えていると言われています。
脚気の症状としては、主に手や足がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などがよく起こり、病状が進行すると、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全をもたらすことがあるようです。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪影響をもたらすことが明らかになっています。
それにはこちらのサイトが最適です。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3つの数値によってモニターできますが、ここ2、3年肝機能が衰えている人がだんだん増えているとされています。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-Aの度を越した浴び過ぎはお肌に健康障害をもたらすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する行為の禁止を先進国に提起しています。

季節性インフルエンザのワクチンでは、臨床データに基づいた研究結果によって、予防効果が望めるのは接種日の約2週間後から約5カ月くらいだろうということです。
ばい菌やウィルスなど病気を招く病原体(微生物)が口から肺へ入り込んで伝染してしまい、肺の中が炎症反応を露呈している事態を「肺炎」と称しているのです。
常識的に水虫といえば足をイメージし、中でも足の裏に発症する皮膚病だと間違えられやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は決して足だけではないので、全身いたる所に感染してしまう可能性があるので気を付けましょう。
フィトケミカル(phytochemical)の一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素自体の創造活動を促しているかもしれないという事実関係がわかってきたのです。
内臓脂肪型の肥満と診断されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目に相当するような状態のことを、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。