脳卒中のくも膜下出血は9割弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできる不必要なこぶが裂けて脳内出血することが理由となって発病する死亡率の高い病気だと多くの人が認識しています。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に効きます。苦しい宿酔の元凶物質とみられているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の分解に携わっているのです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓にある血糖値に関与しているβ細胞が壊されてしまうことが原因となり、患者の膵臓からインスリンがほとんど出なくなることで発症してしまう自己免疫性の糖尿病なのです。
老化が原因の難聴においては少しずつ聴力が落ちていくものの、通常は還暦過ぎまでは聞こえの悪化をはっきりと自覚できないのです。
胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくはグラフトを用いる「冠動脈バイパス移植手術(CABG)」の2種の手術の方法が精力的に実施されています。

下腹部の激しい痛みを主訴とした主な病気には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患などが真っ先に挙がるようです。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失われてしまった後に発売され、新薬と同一の成分で負担の小さな(クスリの価格が少額の)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
汗疱状湿疹は主に手のひらや足の裏、指の間などに細かい水疱ができる疾患で、広くは汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出ると足水虫と混同されることもあります。
これは、フェルサの効能に秘密が。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに替わり、平成24年9月から原則無料で受けることのできる定期接種になるため、病院などで接種するという個別接種という形になりましたのでご注意ください。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、体の中の脂肪の占有している重さであって、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな数式で求めることができます。

基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張の保持など)のに要る基礎的なエネルギー消費量のことを指します。
結核への対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に沿う形で実行されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは異なる感染症と同様に「感染症新法」という法律に沿って行われることに決まったのです。
もし婦人科の血液検査で残念ながら女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと判明した場合、足りていない女性ホルモンを足すような治療で改善が期待できます。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に作用する特別な酵素や、細胞・組織の活動に関係する酵素など、約200種類以上存在する酵素を構成する要素として非常に大切なミネラルの一種だといわれています。
杉花粉が飛ぶ1月~4月の間に、小さな子どもが体温は平常なのに頻繁にクシャミをしたり水っぱなが止まる気配をみせない状態だったなら、もしかすると杉花粉症の可能性があるでしょう。